2012年10月03日

サルバドール2日目♪




2日目の朝も最高の観光日和 晴れ



069 - コピー.jpg




朝日と海を眺めながら朝食をすませ レストラン



ペロウリーニョ広場を通りから



ジェズス広場に向って歩いていると



店頭にバイーア民族衣装を身にまとった



可愛らしい女性に出会います るんるん



2012, 172 - コピー.JPG



2012, 179 - コピー.JPG




のんびり散策していると 。。。






カポエイラの写真展♪



2012, 181 - コピー.JPG









そして 。。。



「 サン・フランシスコ教会 」 に隣接して



2012, 121 - コピー.JPG


『 オルデン・テルセイラ・ジ・サンフランシスコ教会 』
1932年まで漆喰の上塗りに覆われていたが
電線の架設工事の技師により発見された
見事な、バロック様式の銀細工



2012, 127 - コピー.JPG




2012, 131 - コピー.JPG


ポルトガルから運ばれきた当時のタイル

2012, 138 - コピー.JPG




私は、この教会が一番のお気に入り ぴかぴか(新しい)



時空を越え静かな時をゆっくり過ごす



この瞬間は本当に贅沢です ぴかぴか(新しい)









そして 。。。



セー広場には



2012, 202 - コピー.JPG


大西洋を背に大きな十字架のモニュメントがありました ぴかぴか(新しい)



2012, 205 - コピー.JPG


この場所の高台から見た美しい風景 ぴかぴか(新しい)





そして 。。。



その近くにあった



バイーアの資料館♪



2012, 195 - コピー.JPG


バイーヤ民族衣装の女性




2012, 198 - コピー.JPG


アカラジェを売っている男性のマネキン



資料館は小さいですが



もし、行かれることがあれば



ぜひ、立ち寄って見てくださいね♪








次に向ったのは 。。。





「 トメ・ジ・ソウザ広場 」 にある



2012, 209 - コピー.JPG


『 リオ・ブランコ宮殿 』 ( Palacio Rio Branco )

初代総督トメ・デ・ソウザが16世紀建設を始めた。
その建築当初は木造だった、いまは美術館になっている。



宮殿の北側には 。。。



旧市街の上町と下町を結ぶ



ラセルダ ( Lacerda ) の高さ73mのエレベーターがあります



この場所からは 。。。



下町の湾に面してひろがる



2012, 230 - コピー.JPG


『 トドス・オス・サントス湾 』  が見えます







エレベーターに乗るまでは



混雑しますが あせあせ(飛び散る汗)



かなり大きなエレベーターなので



思っていたよりも早く到着しました!!



そして 。。。




一気に下町にある ダッシュ(走り出すさま)



2012, 213 - コピー.JPG


『 メルカード・モデロ 』 ( Mercado Modelo )

民族衣装や木彫りなどバイーヤの民芸品が販売されている



2012, 218 - コピー.JPG



2012, 219 - コピー.JPG


2012, 221 - コピー.JPG





メルカードの前の広場でもたくさんの露店
2012, 229 - コピー.JPG


2012, 227 - コピー.JPG


2012, 226 - コピー.JPG




ここでは 。。。



カポエイラの衣装や民族楽器



純白のバイーヤ民族衣装



バイーア地方独特の人形の置物 や アクセサリー



可愛いレース網みのテーブルクロス



さまざまな絵画など民芸品がたくさん揃っているので



ただ見ているだけでも本当に楽しい場所でした るんるん







サルバドール 006.JPG


このメルカードで購入したお土産をご紹介♪
 







 

たくさん歩き ダッシュ(走り出すさま)



お腹も空いてきたので



ホテルのそばにある



お気に入りのお店に  レストラン



2012, 244 - コピー.JPG


 『 CAFELIER 』 

http://www.cafelier.com.br/



少し遅い昼食を食べに行きました るんるん



2012, 245 - コピー.JPG


サラダとオムレツ


2012, 248 - コピー.JPG


食後のコーヒーとデザート



アンティークの家具に囲まれ



トドス・オス・サントス湾の夕日を眺めながら



2012, 257 - コピー.JPG


静かな時間を 。。。



ゆっくり過ごし喫茶店









再び 。。。



夕方の街を散策に行きました 夜



2012, 275 - コピー.JPG


2012, 279 - コピー.JPG


2012, 296 - コピー.JPG





サルバドール最後の夜の風景に心が癒されます ぴかぴか(新しい)










そして 。。。



再び  『 CAFELIER 』  にもどり 家



今度は夕食をいただきました レストラン



2012, 333 - コピー.JPG



2012, 336 - コピー.JPG



食後のデザートもいただき


夜の夜景をながめながら



蒸し暑い1日でしたが 晴れ



心ゆくまで満喫できたサルバドールの2日目を過ごしました 夜



ここは 。。。



何をするかというよりも



五感を使い ぴかぴか(新しい) 心で感じる



美しい街 揺れるハート



そして 。。。



なんとも、不思議な力と魅力的な土地です ぴかぴか(新しい)



なので 。。。



今夜もグッスリ休めそうです 眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)




次回は、最終日のサルバドールをご紹介します るんるん


posted by angelus at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

サルバドール 1日目♪




ブラジルの北東部の大西洋岸にある港湾都市



バイーア州の州都である サルバドール(Salvador) に



2泊3日で旅行に行きました るんるん



サンパウロから 。。。



約3時間半の空の旅です 飛行機



2012, 027 - コピー.JPG


1763年の、リオ・デ・ジャネイロ遷都までの214年間
ブラジル最初の首都として栄えた場所
当時の、主な産業は、砂糖産業
そのため、サトウキビ農園の労働力確保のため、
1570年、アフリカから、たくさんの黒人が
奴隷として連れて来られた。
その彼らが、持ち込んだ、音楽、舞踏、宗教、衣装、料理
さまざまなアフリカの文化が、この街に溶け込み、
独自のアフロ・ブラジリアン文化を開花させた
「黒人のローマ」とも呼ばれる古都サルバドール ぴかぴか(新しい)








早速、本日の宿泊場所まで、車で移動 車(RV)



2012, 048 - コピー.JPG













旧市街にある 『  Pousada Casa Vila Bela  』 ホテルに到着 ホテル

http://www.pousadacasavilabela.com.br/salvador-bahia-pousada-bed-and-breakfast-posada-maison-dhotes/


049 - コピー.jpg

サウヴァドール・デ・バイーア歴史地区 の中心部に位置する魅力的なホテルです。
海を見下ろす  「 サントアントニオ 」 の静かな地区には、
すべての聖人の有名な湾の素晴らしい景色を眺めることができます リゾート




私たちの部屋は 。。。



 『 アマゾン スイート 』 ( Suite Amazônia )



オーナーの方の配慮で



ホテルの浴室のなかでも一番大きい



この部屋を用意してくれました いい気分(温泉)



amazonia1.jpg










早速、お昼を食べに 



ホテルの近くを歩いていると 。。。



2012, 058 - コピー.JPG




綺麗な青空とカラフルな美しい町並み



2012, 062 - コピー.JPG




074 - コピー.jpg


『 フィタ 』 というリボンが、家に柵に結ばれていました



この、フィタ は、奴隷として連れてこられた



黒人たちの宗教 カンドンブレ(Candomble) の



神様には、それぞれ色があり



その色のリボンを手首巻き、願いを叶えながら



3回結び、自然に切れると、願いが現実になるという ぴかぴか(新しい)









そして 。。。 



こんなにも可愛い光景にも出会えました♪



2012, 064 - コピー.JPG


無邪気に遊ぶ、子供と犬の姿に心が癒されます 揺れるハート












2012, 095 - コピー.JPG


『 ペロウリーニョ広場 』

カラフルな色に塗られた、植民地時代の建物、石畳の広場に面してある、
ブルーの建物は、かつての奴隷市場だった場所







その広場の左側の建物の中にある



『 エスコーラ・セナッキ 』 ( Escola Senac )



2012, 075 - コピー.JPG


料理学校に併設されたレストラン
スパイシーなバイーア料理が40種類以上、ビュッフェ形式 レストラン


2012, 077 - コピー.JPG




おくらを使っている料理が多く、バイーア料理と言えば 



「 ムケカ 」( Moqueca )

先住民の料理が起源。魚介類をタマネギ、唐辛子、トマトを煮込んだものに
デンデ油 (ヤシ油)やココナッツミルクで味付けた料理



ビュッフェなので、バイーア料理を満足いくまで食べれました♪♪



ムケカも思っていたよりも、味も薄く、さっぱりしていて美味しかったです手(チョキ)







そして 。。。



お腹も心も満たされ



あの、リオの 「 カテドラル・メトロポリターナ 」 でもお話ししましたが



再び 。。。 眠い(睡眠)



すぐ隣にあるソファーで、30分以上寝てしまいました眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠) 




しかし、この旅でも意味ある眠りだと確信し ぴかぴか(新しい)



旧市街を散策 ダッシュ(走り出すさま)







2012, 067 - コピー.JPG


ペロウリーニョ広場の近くにある民族楽器のお店



2012, 105 - コピー.JPG


手作りの皮の帽子やサンダル



2012, 107 - コピー.JPG


手前にあるのが、
ブラジルの民族楽器。打弦楽器の一種。
弓矢を棒(バケタ)で叩く、原始的な構造。
中身をくり抜き乾燥させたヒョウタンが使われていて
音程の調節は、石(ペドラ)または、コイン(ドブラウン)
この楽器は、ブラジルのダンスのような格闘技、 カポエイラ で使用される楽器







2012, 103 - コピー.JPG


通りの美しい町並み







2012, 111 - コピー.JPG


『 ホザーリオ・ドス・プレートス教会 』
黒人奴隷たちが建てたブラジル初の黒人のための教会
この場所には、黒人奴隷のリーダ、アナスタシア ( Anastacia )の
お墓と肖像が展示されている







2012, 109 - コピー.JPG


『 バジリカ大聖堂 』

1657年から、約5年の歳月をかけて建築
堂々たるバロック様式教会は、バイーヤ州で
最も美しい教会とも言われている ぴかぴか(新しい)




2012, 116 - コピー.JPG


なんとも可愛い店頭に立つオブジェ ♪













2012, 118 - コピー.JPG


『 サン・フランシスコ教会 』

1708年から20年かけて建造された
18世紀バロック建築 「 黄金の教会 」 とも呼ばれている ぴかぴか(新しい)




2012, 364 - コピー.JPG


教会正面は、金の彫刻で埋め尽くされ息を呑むほどの美しさでした ぴかぴか(新しい)



2012, 373 - コピー.JPG


天部の壁や天井にも、金粉がふんだんに使用されていた ぴかぴか(新しい)




2012, 381 - コピー.JPG






2012, 383 - コピー.JPG
















2012, 408 - コピー.JPG


青と白のタイル画の回廊に囲まれた中庭



2012, 358 - コピー.JPG












ゆったりと時間が流れ 



今日一番の楽しいイベント exclamation×2




2012,9 サルバドール 002 - コピー.JPG

「 ミゲル・サンタナ劇場 」 (Teatro Miguel Santana)
http://www.balefolcloricodabahia.com.br/



1993年に、ブラジルで最高のダンスカンパニーに



文化省によって与えられた劇団の舞台です。



20:00から 『 Bale Folclorico Da Bahia 』 公演が始まりますが



座席が、100席しかないので、早速、前売り券を購入して



近くのお店で簡単に、食事を済ませてから公演を観に行きました るんるん



カンドンブレ ( Candomblé ) とは 

ブラジルの民族信仰のひとつで、聖職者がその身にさまざまな神を憑依させる
精霊信仰や日本の神道における八百万の神にも通ずるものがある。



その他、ファイヤーダンス や カポエイラなどの



1時間とは、思えないほどの、最高のダンスパフォーマンスの舞台でした ぴかぴか(新しい)



実は 。。。



私には、この舞台を観ながら、胸が詰まる思いで涙してしまいました もうやだ〜(悲しい顔)



始めの カンドンブレ の舞台を観ていると



ダンサーの踊っている手に、鎖が・・・ あせあせ(飛び散る汗)



当時の過酷な労働やさまざまな映像も一緒に・・・ あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



一人ひとりの、ダンサーの血と肉



そして 。。。



魂の一粒から発する、魂の記憶に刻み込まれている



過去の歴史を全身で体感しました ぴかぴか(新しい)



心の奥深くまで、響き渡る、力強い魂の叫びとパワーを ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)






舞台の上には 。。。



彼らだけではなく、カンドンブレの神々と



当時、壮絶な人生を耐え生き抜いた



人たちの魂と一緒に 。。。



この舞台を作り上げていました ぴかぴか(新しい)



そんな神聖な空間のなかに、私もいられたことに



心から感謝し、心から感動した



1日が終わりました ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)









次回は、2日目のサルバドールをご紹介します 手(パー)


















posted by angelus at 03:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

レストランウィーク♪







このサンパウロでも 



期間限定で 『 レストランウィーク 』 が開催されてます るんるん


公式サイト→http://www.restaurantweek.com.br/sp



なんと、嬉しいことに♪



レストラン ランチが、約1500円  レストラン ディナーは、約2100円




「 前菜 」 と 「 メイン 」 と 「 デザート 」 がいただけます るんるん



今回は 。。。



『 Brie Restô 』  に行って来ました。

http://www.brieresto.com.br/



133 - コピー.jpg




なんと 。。。



2日続けて同じお店に行ったのです 家



はじめは、お友達と3人で ♪♪♪



翌日、パートナと ♪♪



ブラジルのランチは、



比較的、遅いランチで始まります レストラン




2度目に行った時は 。。。



私たちも 。。。



15時からの遅いランチでした!



前日も 晴れ 来たばかりですが… (笑)



私が、言った一言 「 すごく美味しかったよ ♪♪♪ 」 と



つい言ってしまったため… 




124 - コピー.jpg


「 前菜 」  1日目・2日目

2度食べても美味しい、温かいサラダ
日本人好みの薄味で、パンの間に、ズッキーニ、トマト、ベーコン etc etc
嬉しいことに、野菜の具材もたっぷりサンドされているため、
この一皿でも満足できるほどです







126 - コピー.jpg


「 メイン 」  1日目

鶏の切り身、ジャガイモとゴルゴンゾーラを詰めもの、
鶏肉がとてもやわらかくジューシー、クリームソースのなかにも
ゴルゴンゾーラが入っていて、ボリューム満点ですが、味は、さっぱりしています







130 - コピー.jpg


「 メイン 」  2日目

牛肉のフェットチーネ、嬉しいことに、硬さも丁度よくGood♪
(ブラジルは、どこのお店も驚くほどやわらかく食べれないのです(涙))
牛肉もかなり煮込んであるので、やわらかくて美味しかったです







127 - コピー.jpg


「デザート」  1日目

チョコレートムースの底にあるのが細かく刻んだフルーツ、
甘さ控えめで、底にあるフルーツと一緒に食べると、なおGood♪







134 - コピー.jpg


「デザート」  2日目

エクレア&チョコレートとフランボワーズのソース添え
フランボワーズの上品なソースとチョコレートの組み合わせもよく
サンドされているカスタードも甘すぎず、エクレアもサックリ
見た目は…ですが、とても美味しくて驚きました!!



実は 。。。



2度目の来店の時



なぜか?デザートの注文を間違えてしまい恐る恐る



このエクレアをいただいたのですが あせあせ(飛び散る汗)



ブラジルのデザートは、恐ろしいほど重くて甘いからです (笑)



何事も、見た目で判断してはいけませんね〜 わーい(嬉しい顔)



そんな 。。。



ブラジルのランチとお店を紹介させていただきました喫茶店






















  


      

posted by angelus at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。