2012年09月28日

サルバドール 1日目♪




ブラジルの北東部の大西洋岸にある港湾都市



バイーア州の州都である サルバドール(Salvador) に



2泊3日で旅行に行きました るんるん



サンパウロから 。。。



約3時間半の空の旅です 飛行機



2012, 027 - コピー.JPG


1763年の、リオ・デ・ジャネイロ遷都までの214年間
ブラジル最初の首都として栄えた場所
当時の、主な産業は、砂糖産業
そのため、サトウキビ農園の労働力確保のため、
1570年、アフリカから、たくさんの黒人が
奴隷として連れて来られた。
その彼らが、持ち込んだ、音楽、舞踏、宗教、衣装、料理
さまざまなアフリカの文化が、この街に溶け込み、
独自のアフロ・ブラジリアン文化を開花させた
「黒人のローマ」とも呼ばれる古都サルバドール ぴかぴか(新しい)








早速、本日の宿泊場所まで、車で移動 車(RV)



2012, 048 - コピー.JPG













旧市街にある 『  Pousada Casa Vila Bela  』 ホテルに到着 ホテル

http://www.pousadacasavilabela.com.br/salvador-bahia-pousada-bed-and-breakfast-posada-maison-dhotes/


049 - コピー.jpg

サウヴァドール・デ・バイーア歴史地区 の中心部に位置する魅力的なホテルです。
海を見下ろす  「 サントアントニオ 」 の静かな地区には、
すべての聖人の有名な湾の素晴らしい景色を眺めることができます リゾート




私たちの部屋は 。。。



 『 アマゾン スイート 』 ( Suite Amazônia )



オーナーの方の配慮で



ホテルの浴室のなかでも一番大きい



この部屋を用意してくれました いい気分(温泉)



amazonia1.jpg










早速、お昼を食べに 



ホテルの近くを歩いていると 。。。



2012, 058 - コピー.JPG




綺麗な青空とカラフルな美しい町並み



2012, 062 - コピー.JPG




074 - コピー.jpg


『 フィタ 』 というリボンが、家に柵に結ばれていました



この、フィタ は、奴隷として連れてこられた



黒人たちの宗教 カンドンブレ(Candomble) の



神様には、それぞれ色があり



その色のリボンを手首巻き、願いを叶えながら



3回結び、自然に切れると、願いが現実になるという ぴかぴか(新しい)









そして 。。。 



こんなにも可愛い光景にも出会えました♪



2012, 064 - コピー.JPG


無邪気に遊ぶ、子供と犬の姿に心が癒されます 揺れるハート












2012, 095 - コピー.JPG


『 ペロウリーニョ広場 』

カラフルな色に塗られた、植民地時代の建物、石畳の広場に面してある、
ブルーの建物は、かつての奴隷市場だった場所







その広場の左側の建物の中にある



『 エスコーラ・セナッキ 』 ( Escola Senac )



2012, 075 - コピー.JPG


料理学校に併設されたレストラン
スパイシーなバイーア料理が40種類以上、ビュッフェ形式 レストラン


2012, 077 - コピー.JPG




おくらを使っている料理が多く、バイーア料理と言えば 



「 ムケカ 」( Moqueca )

先住民の料理が起源。魚介類をタマネギ、唐辛子、トマトを煮込んだものに
デンデ油 (ヤシ油)やココナッツミルクで味付けた料理



ビュッフェなので、バイーア料理を満足いくまで食べれました♪♪



ムケカも思っていたよりも、味も薄く、さっぱりしていて美味しかったです手(チョキ)







そして 。。。



お腹も心も満たされ



あの、リオの 「 カテドラル・メトロポリターナ 」 でもお話ししましたが



再び 。。。 眠い(睡眠)



すぐ隣にあるソファーで、30分以上寝てしまいました眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠) 




しかし、この旅でも意味ある眠りだと確信し ぴかぴか(新しい)



旧市街を散策 ダッシュ(走り出すさま)







2012, 067 - コピー.JPG


ペロウリーニョ広場の近くにある民族楽器のお店



2012, 105 - コピー.JPG


手作りの皮の帽子やサンダル



2012, 107 - コピー.JPG


手前にあるのが、
ブラジルの民族楽器。打弦楽器の一種。
弓矢を棒(バケタ)で叩く、原始的な構造。
中身をくり抜き乾燥させたヒョウタンが使われていて
音程の調節は、石(ペドラ)または、コイン(ドブラウン)
この楽器は、ブラジルのダンスのような格闘技、 カポエイラ で使用される楽器







2012, 103 - コピー.JPG


通りの美しい町並み







2012, 111 - コピー.JPG


『 ホザーリオ・ドス・プレートス教会 』
黒人奴隷たちが建てたブラジル初の黒人のための教会
この場所には、黒人奴隷のリーダ、アナスタシア ( Anastacia )の
お墓と肖像が展示されている







2012, 109 - コピー.JPG


『 バジリカ大聖堂 』

1657年から、約5年の歳月をかけて建築
堂々たるバロック様式教会は、バイーヤ州で
最も美しい教会とも言われている ぴかぴか(新しい)




2012, 116 - コピー.JPG


なんとも可愛い店頭に立つオブジェ ♪













2012, 118 - コピー.JPG


『 サン・フランシスコ教会 』

1708年から20年かけて建造された
18世紀バロック建築 「 黄金の教会 」 とも呼ばれている ぴかぴか(新しい)




2012, 364 - コピー.JPG


教会正面は、金の彫刻で埋め尽くされ息を呑むほどの美しさでした ぴかぴか(新しい)



2012, 373 - コピー.JPG


天部の壁や天井にも、金粉がふんだんに使用されていた ぴかぴか(新しい)




2012, 381 - コピー.JPG






2012, 383 - コピー.JPG
















2012, 408 - コピー.JPG


青と白のタイル画の回廊に囲まれた中庭



2012, 358 - コピー.JPG












ゆったりと時間が流れ 



今日一番の楽しいイベント exclamation×2




2012,9 サルバドール 002 - コピー.JPG

「 ミゲル・サンタナ劇場 」 (Teatro Miguel Santana)
http://www.balefolcloricodabahia.com.br/



1993年に、ブラジルで最高のダンスカンパニーに



文化省によって与えられた劇団の舞台です。



20:00から 『 Bale Folclorico Da Bahia 』 公演が始まりますが



座席が、100席しかないので、早速、前売り券を購入して



近くのお店で簡単に、食事を済ませてから公演を観に行きました るんるん



カンドンブレ ( Candomblé ) とは 

ブラジルの民族信仰のひとつで、聖職者がその身にさまざまな神を憑依させる
精霊信仰や日本の神道における八百万の神にも通ずるものがある。



その他、ファイヤーダンス や カポエイラなどの



1時間とは、思えないほどの、最高のダンスパフォーマンスの舞台でした ぴかぴか(新しい)



実は 。。。



私には、この舞台を観ながら、胸が詰まる思いで涙してしまいました もうやだ〜(悲しい顔)



始めの カンドンブレ の舞台を観ていると



ダンサーの踊っている手に、鎖が・・・ あせあせ(飛び散る汗)



当時の過酷な労働やさまざまな映像も一緒に・・・ あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



一人ひとりの、ダンサーの血と肉



そして 。。。



魂の一粒から発する、魂の記憶に刻み込まれている



過去の歴史を全身で体感しました ぴかぴか(新しい)



心の奥深くまで、響き渡る、力強い魂の叫びとパワーを ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)






舞台の上には 。。。



彼らだけではなく、カンドンブレの神々と



当時、壮絶な人生を耐え生き抜いた



人たちの魂と一緒に 。。。



この舞台を作り上げていました ぴかぴか(新しい)



そんな神聖な空間のなかに、私もいられたことに



心から感謝し、心から感動した



1日が終わりました ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)









次回は、2日目のサルバドールをご紹介します 手(パー)


















posted by angelus at 03:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

レストランウィーク♪







このサンパウロでも 



期間限定で 『 レストランウィーク 』 が開催されてます るんるん


公式サイト→http://www.restaurantweek.com.br/sp



なんと、嬉しいことに♪



レストラン ランチが、約1500円  レストラン ディナーは、約2100円




「 前菜 」 と 「 メイン 」 と 「 デザート 」 がいただけます るんるん



今回は 。。。



『 Brie Restô 』  に行って来ました。

http://www.brieresto.com.br/



133 - コピー.jpg




なんと 。。。



2日続けて同じお店に行ったのです 家



はじめは、お友達と3人で ♪♪♪



翌日、パートナと ♪♪



ブラジルのランチは、



比較的、遅いランチで始まります レストラン




2度目に行った時は 。。。



私たちも 。。。



15時からの遅いランチでした!



前日も 晴れ 来たばかりですが… (笑)



私が、言った一言 「 すごく美味しかったよ ♪♪♪ 」 と



つい言ってしまったため… 




124 - コピー.jpg


「 前菜 」  1日目・2日目

2度食べても美味しい、温かいサラダ
日本人好みの薄味で、パンの間に、ズッキーニ、トマト、ベーコン etc etc
嬉しいことに、野菜の具材もたっぷりサンドされているため、
この一皿でも満足できるほどです







126 - コピー.jpg


「 メイン 」  1日目

鶏の切り身、ジャガイモとゴルゴンゾーラを詰めもの、
鶏肉がとてもやわらかくジューシー、クリームソースのなかにも
ゴルゴンゾーラが入っていて、ボリューム満点ですが、味は、さっぱりしています







130 - コピー.jpg


「 メイン 」  2日目

牛肉のフェットチーネ、嬉しいことに、硬さも丁度よくGood♪
(ブラジルは、どこのお店も驚くほどやわらかく食べれないのです(涙))
牛肉もかなり煮込んであるので、やわらかくて美味しかったです







127 - コピー.jpg


「デザート」  1日目

チョコレートムースの底にあるのが細かく刻んだフルーツ、
甘さ控えめで、底にあるフルーツと一緒に食べると、なおGood♪







134 - コピー.jpg


「デザート」  2日目

エクレア&チョコレートとフランボワーズのソース添え
フランボワーズの上品なソースとチョコレートの組み合わせもよく
サンドされているカスタードも甘すぎず、エクレアもサックリ
見た目は…ですが、とても美味しくて驚きました!!



実は 。。。



2度目の来店の時



なぜか?デザートの注文を間違えてしまい恐る恐る



このエクレアをいただいたのですが あせあせ(飛び散る汗)



ブラジルのデザートは、恐ろしいほど重くて甘いからです (笑)



何事も、見た目で判断してはいけませんね〜 わーい(嬉しい顔)



そんな 。。。



ブラジルのランチとお店を紹介させていただきました喫茶店






















  


      

posted by angelus at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

リオ・デ・ジャネイロ( Rio de Janeiro)♪








先々月末に 。。。



ブラジル南東部の大西洋沿いに位置する



『 リオ・デ・ジャネイロ 』 に行ってきました♪



(  Rio de Janeiro ) ポルトガル語で 「 1月の川 」 という意味



ブラジルでは、お馴染みの



カーニバル るんるん ボサノバ るんるん で有名な場所 





コパカバーナ ・ イパネマ など 世界的に有名な海岸がある美しい都市です!







朝方のフライトのため暗いうちから車で空港へ 夜 車(セダン)



サンパウロから1時間 飛行機



市内中心部と近いことから 「 サントス・ドゥモン空港 」 到着!!











早速、リオの中心、セントロ ( 旧市街 ) まで、市内観光に行きました ダッシュ(走り出すさま)



2012,7 リオ 031 - コピー.JPG


『 カテドラル・メトロポリターナ 』

1976年に建造された教会
高さ80m、直径106m、収容人数5000人
入り口は東西南北4ヶ所にあり、東の入り口にキリスト像
西は、聖フランシスコ像が置かれ、地下には小さな美術館があります




2012,7 リオ 055 - コピー.JPG


天井から地面まである巨大なステンドグラス
中央の祭壇の十字架は天井から吊り下げられている









ステンドガラスから美しい光が差し込み



静かな神聖な空間 ぴかぴか(新しい)



この場所は、セントロにあるので ( あまり治安がよくない )



用心しながら観光をしたほうがいいのですが



なんと 。。。



イスに座りながら30分ぐらい寝てしまいました 眠い(睡眠)



これは本当にありえないことです・・・ ふらふら



しかし 。。。



目覚めると 目



心と体がきれいに浄化されていていました ぴかぴか(新しい)



実は 。。。



旅の始めに、この場所に来たのには意味があります!



教会で全身清められる必要があったのです ぴかぴか(新しい)



それだけ 。。。



日々、過酷な生活をしていることに気づかされます ふらふら



わたしは 。。。



このブラジルに来る前と来た後で 飛行機



凄まじいブラジルの洗礼を受けました(涙)



激しい心臓の痛みと高熱で一週間ダウン



そして 。。。



ベットの中で死を覚悟するほど瀕死の状態でした exclamation×2



わたしは 。。。



人に話しても理解してもらえない



体の痛みや原因不明の病気と症状に



子供の頃から悩まされ続けてきました もうやだ〜(悲しい顔)



病院の先生や両親に言っても



分かってもらえない あせあせ(飛び散る汗) 治すことができない あせあせ(飛び散る汗)



非現実的な病気と症状



実は 。。。



いまも、私の病気と症状を理解し治療できる人に



出合ったことがありません あせあせ(飛び散る汗)



なので、生き続けるためにも



自分自身で治すか 



聖なる光の存在たちに



サポートしてもらいながら助けてもらっています ぴかぴか(新しい)







わたしは。。。



この、ブラジルでも



一度、死にかけてしまいました あせあせ(飛び散る汗)



その時は 。。。



ブラジルの大地の精霊 ぴかぴか(新しい)



大いなる存在 ぴかぴか(新しい)



私が子供の頃から信じている 聖なるお方など ぴかぴか(新しい)



その他たくさんの皆様がたに



命を救っていただきました ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



なので 。。。



私は、また、この地で生まれ変わらせてもらいました かわいい




私が私で居続けることは容易なことではありません あせあせ(飛び散る汗)



わたしは 。。。


現実社会に生きていても



いつも、『 2つの目 』 をつかい生きています ぴかぴか(新しい)



1つは 「 現実を見る目 」 



2つは 「 心の目 」 



この両方を同時につかいながら



見て感じながら生活しています ぴかぴか(新しい)



それが私の生きている世界だからです!



わたしは 。。。



スピリチュアルな世界から



どんな時でも守られ助けられています ぴかぴか(新しい)



この世界を実感し確信した日から私の人生は変りましたハートたち(複数ハート)





私が心の目で見ている



『 美しい愛の世界 』 を



どこにいても表現し形にしていきたいのです exclamation×2



だから、私は、いまここ( この瞬間の世界 )を選び



生き生かされているのです 揺れるハート







このリオの旅でも



何事もなくこの教会から無事に出ることができたのも



聖なる皆さまのお陰なのです ぴかぴか(新しい)









次の場所は 。。。




2012,7 リオ 096 - コピー.JPG


1894年にオープンした
『 コンフェイタリア・コロンボ 』( Confeitaria Colombo )
→ http://www.confeitariacolombo.com.br/site/



2012,7 リオ 098 - コピー.JPG


19世紀ヨーロッパのコロニアルな建物の店内は優雅でお洒落なカフェ&レストラン



2012,7 リオ 111 - コピー.JPG


大好きなクロワッサンとレモンジュースを注文しました♪










いよいよ、リオで一番楽しみにしていた



リオ・デ・ジャネイロ南西部に位置する観光スポット!!



『 コルコバートの丘 』 の登山電車の入り口まで行きましたが



30分に1本、登山電車が運行していますが 電車



チケットを購入する場所にはすでに観光客で大行列 あせあせ(飛び散る汗)



なので、今日はあきらめて翌日の午前中に行くことにしました 手(パー)



朝一のフライトだったので 飛行機



無理をしないで



コンデションを整えるためにも



今日はホテルでゆっくり休みました 眠い(睡眠)











翌朝 晴れ



そうそうに朝食を済ませ



『 コルコバートの丘 』 に向いました ダッシュ(走り出すさま)



今日は、スムーズにチケットも購入でき ♪


11時発の登山電車に乗り込みました 電車



2012,7 リオ 166 - コピー.JPG














1931年に建造された 「リオ・デ・ジャネイロ 」 のシンボル
海抜709m絶壁の頂に建つキリスト像
像の高さ30m、横一文字に広げた両手の幅28m 
ミナス・ジェライス州産のろう石張りで、重さは1145トン
 




2012,7 リオ 189 - コピー.JPG




キリスト像は、東向きに立っているので、
海岸地区から見ると、その姿は、陽を浴びる真っ白な十字架のように見えます!





2012,7 リオ 205 - コピー.JPG


左側 ボタフォゴ  右側 コパカバーナ  真ん中に見える岩山が ポン・ジ・スカール








美しい海岸線をもつリオが一望できるスポットより撮影






2012,7 リオ 220 - コピー.JPG


眼下に広がる ロドリゴ・デ・フレイタス湖 と コパカバーナ



そして 。。。



みちびかれるように



キリスト像の裏に行きました ぴかぴか(新しい)



2012,7 リオ 224 - コピー.JPG


なんと像の台座に小さな教会の入り口がありましたぴかぴか(新しい)
このなかには、イスに座りながら祈ることもできます

私も神聖な空間のなかで、お祈りをさせていただきましたぴかぴか(新しい)





そして 。。。



その後、もう一度、外から撮影すると・・・ ぴかぴか(新しい)



2012,7 リオ 231 - コピー.JPG


画像の中央に、なんともありがたいショットが撮れました カメラ











ふたたび心癒されながら かわいい



セントロに戻りました ダッシュ(走り出すさま)



2012,7 リオ 091 - コピー.JPG


チラデンチス宮殿

ギリシアの宮殿を思わせる外観
ブラジルにおける議会の伝統を語り継ぐうえで重要なところ
ブラジル独立の英雄チラデンチスの名を冠した宮殿
1826年の帝国の総合立法議会発足とともに、
この地にあった古い牢獄に国民議会の下院がおかれてから
1975年にリオ・デ・ジャネイロ州の立法議会がおかれるまで、
数々の議会の歴史を刻んできた。宮殿の名前であるチラデンチスとは、
ブラジル独立運動のきっかけを作り、ブラジルの自由のために
殉死した英雄の名前をとったもの。




そして 。。。



その近くにある船着場の近くに



2012,7 リオ 242 - コピー.JPG


ブラジル東部にある、バイーア州の州都サルバドールで食べられている



2012,7 リオ 244 - コピー.JPG


アカラジェ ( Acaraje )

つぶした豆とタマネギなどを丸めてデンデ油 (やしの実からとれる)で
揚げたもにオクラの煮込みのカルルー、トウモロコシの粉とココナッツミルクや
干しエビなどを挟んで食べる








かなりのボリュームのため1人で食べるのは大変ですが

オクラと干しエビの相性もよく美味しかったです るんるん



2012,7 リオ 246 - コピー.JPG


バイーアの民族衣装と可愛い笑顔で接客してくれましたわーい(嬉しい顔)











夕方になり。。。



ポン・ジ・アスーカル  砂糖パン )の意味をもつ
ウルカ海岸とベルメーリャ海岸の間にある小さな半島に突き出した奇岩
その昔ポルトガルのマデイラ島の砂糖を盛りつけた様子に
似ていることから付けられたといわれている。また、先住民の言葉である
「ポウンドアスカ」(尖った小島という意味)にも由来している


2012,7 リオ 340 - コピー.JPG


半島の付け根から頂上まで、2つのロープーウェイで結ばれている




2012,7 リオ 343 - コピー.JPG


第一ロープーウェイから海抜396mのポン・ジ・アスーカル頂上まで出発!!







2つのロープーウェイを乗り継ぎ山頂に到着する頃には



辺りが暗くなり始めていました 




山頂のため、かなり冷え込み
 


厚い雲と霧と強風で 台風



まったく景色がみれませんでしたが あせあせ(飛び散る汗)



海抜220mのウルカの丘の展望台では雲が晴れ 夜







綺麗なリオの夜景を撮影することができました♪



2012,7 リオ 369 - コピー.JPG








始めのショットで、たくさんのオーブぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


2012,7 リオ 418 - コピー.JPG




2枚目、同じ場所から撮影した映像カメラ

2012,7 リオ 421 - コピー.JPG





中央の奥に白く光っているのがキリスト像ですぴかぴか(新しい)

2012,7 リオ 446 - コピー.JPG






そして 。。。



山頂で、冷えてしまった体をハーブティーで温めながら 喫茶店



この、リオの美しい夜景を静かに眺めることで



疲れた私の心が洗われていくのを感じながら ぴかぴか(新しい)



2日目の夜が終わりました ホテル











最終日、3日目の朝 晴れ



今日は、ビーチでのんびり過ごすことにしました リゾート



いくつかの綺麗なビーチがありますが



コパカバーナ海岸の南端から西へ500mほどにある



『 イパネマ海岸 』 に行きました ♪



2012,7 リオ 316 - コピー.JPG


ガロータ・デ・イパネマ ( Garota de Ipanema )

イパネマ海岸から100メートルほど入った場所にある、
アントニオ・カルロス・ジョビンと詩人のヴィニシウス・ジ・モライスが
毎日のように訪れたカフェ。ここであの名曲 「 イパネマの娘 」 が
作られたそうです♪ 




2012,7 リオ 280 - コピー.JPG


レブロン海岸の先に、
ドイス・イルモンス ( Dois Irmãos )の岩山が見えます

「2人の兄弟」という意味で、山が2つに並んでいることから
この名が付けられたようです。







ブラジルのビーチでは

たくさんの個性ある売り子さんがいます♪♪♪



2012,7 リオ 258 - コピー.JPG




2012,7 リオ 275 - コピー.JPG





2012,7 リオ 255 - コピー.JPG


傘を利用したブラジル水着の売り子の方が何ともユーモア♪



2012,7 リオ 288 - コピー.JPG


ブラジルの水着はこんなにもセクシーなのです揺れるハート



2012,7 リオ 277 - コピー.JPG


ブラジルでもポピュラーな、冷たいココナッツジュースを飲みながら♪



2012,7 リオ 338 - コピー.JPG




静かな時間と優しい潮風に吹かれながら



この2泊3日の旅が終わりました リゾート









2016年の8月5日から8月21日まで



リオデジャネイロでオリンピックが開催されます 演劇



そんな美しい地での旅は



私にとって、ありがたい最高の癒しの場所になりました♪ 



そんなブラジルライフを心から満喫できたことを嬉しく思います かわいい






posted by angelus at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。