2012年04月24日

乗馬 ♪





ブラジル 083.JPG




ブラジル 062.JPG







週末の1泊2日で旅行に行きました るんるん


サンパウロから約180キロ離れた標高1700メートル 



Campos do Jordão ( カンポス・ド・ジョルダン ) 



この街は、ブラジルのスイスとして有名な美しい場所です ぴかぴか(新しい)



実は 。。。今年で2回目 車(セダン)



今回は、子供のころからの夢でもある乗馬を初体験してきました ぴかぴか(新しい)



日本では考えられないのですが 。。。



1人ずつ乗り方の説明もないまま



いきなりそのまま道路を走りはじめ ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



目的地でもある山に 




もちろん!乗ったままで あせあせ(飛び散る汗)



手綱の持ち方や乗り方を



ポルトガル語で指示されての初乗馬(笑)



しかし、自然のなかでの乗馬はなんとも心地よく



内心ドキドキでしたが 。。。




山の途中にある滝まで行き



馬とともに一息してから かわいい



そのまま帰るのかと思っていたのですが ・・・



逆方向の山の山頂まで向かっていました ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



馬に慣れるためにも



ゆっくり風景を眺めながら楽しんでいましたが



時間の都合上 時計



私の馬の背後にまわり何度もお尻をたたき



その度、暴走する馬のうえで



大汗をかきながら、必死に乗っていました あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



でも 。。。



こんな私を優しく馬は接してくれました。



少しすると馬とのコミュニケーションもとれてきて



心地よい風に誘われ



ふと 。。。



心で 『 一緒に風になりたい 』 と思うたびに



馬は反応して走り出しますが ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)



途中で怖くなり手綱を引いてしまう私でした ふらふら



テレパシーで反応してくれる馬を



心から愛らしく思いました 揺れるハート



でも 。。



手綱を握ったからには



頭も心も冷静な判断で指示してあげないと



馬が混乱することを分かっていましたが



余裕のない私は逆に馬からいろいろと教えてもらっていました あせあせ(飛び散る汗)



馬に乗った瞬間から



私の体と心を気遣いながら



接してくれる優しさに



本当に癒されました 黒ハート



新鮮な空気吸い 美しい景色を眺め



山の山頂まで辿り着きました ぴかぴか(新しい)



そして 。。。



美しい太陽と空も迎えてくれながら記念写真 カメラ



そのまま、山を下り



なんとか、無事に辿り着きましたが  るんるん



極度の緊張と疲れで両足がフラフラ あせあせ(飛び散る汗)



今回の乗馬はなぜか?



1時間のはずが?2時間のお約束になっていたようです exclamation&question



そんな記念すべき初体験の乗馬でしたが (汗)



馬と楽しく乗れたことが本当に嬉しく思いました わーい(嬉しい顔)



しかし 。。。



翌日は、下半身全体が筋肉痛になりましたが最高の体験でした ぴかぴか(新しい)




そして 。。。



次回、機会があれば、また乗馬を習いたいと思っていたところ



サンパウロから、車で1時間のところにある



基礎からレッスンできる乗馬に誘われ



再び週末、体験してきました 車(セダン)



2012 アルゼンチン 626.jpg






今回は、基礎からのレッスンでしたが



やはり、馬にも負担をかけないためにも



乗り方をもう少しマスターして



このブラジルの大地で



馬と共に風に乗れるようになりたいです るんるん



そんな夢がまたできたことに嬉しく思えた瞬間でした ぴかぴか(新しい)










posted by angelus at 04:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。